医療保険

ネオdeいりょう ネオdeいりょう レディースプラン

<無解約返戻金型終身医療保険>
ネット申込・郵送申込可能
契約年齢
0歳~85
  • インターネット申込の場合は、
    18歳~85歳
日経トレンディ 2023年5月号 TRENDY認定 保険大賞2023 ユニーク賞 医療保険部門 日経トレンディ 2023年5月号 TRENDY認定 保険大賞2023 ユニーク賞 医療保険部門
健康な方は保険料が安くなる
医療保険です。
  • 「ネオdeいりょう」と「ネオdeいりょう レディースプラン」は同一商品です。
  • 「ネオdeいりょう レディースプラン」は「ネオdeいりょう」の保障内容を女性向けに設計したものです。
  • 取扱代理店によって、一部、販売名称や取扱が異なります。

保障内容について

Q
1
先進医療・患者申出療養特約の支払対象になる「先進医療」や「患者申出療養」とはどのようなものですか?
A
1

厚生労働大臣が定める高度な医療技術を用いた療養です。
先進医療や患者申出療養にかかる技術料は全額自己負担です。

技術料は全額自己負担ですが、それ以外の一般診療部分については一般の保険診療と同様に扱われますので公的医療保険の給付対象になります。

先進医療と患者申出療養の違い
区分 対象となる技術 実施医療機関
先進医療 有効性と安全性を確保するための基準を定めたうえで、厚生労働大臣が認めた技術 先進医療技術毎に定められた施設基準に適合する医療機関にて受けることができる
患者申出療養 患者からの申出のあった医療技術について、有効性・安全性等を国の会議で確認したうえで、実施可能と決定された技術 安全性・有効性などを確認しつつ、身近な医療機関で迅速に受けることができる
出典:厚生労働省「先進医療の概要について」「患者申出療養制度」をもとにネオファースト生命にて作成
  • 支払対象となる先進医療は療養を受けた時点において、
    1. 1厚生労働大臣が定める先進医療技術であること
    2. 2先進医療技術ごとに定められた適応症(対象となる疾病・症状など)に対するものであること
    3. 3先進医療技術ごとに定められた施設基準に適合する医療機関で受けたものであること

    のすべてを満たすものに限ります。したがって、医療行為・症状、医療機関などによって給付金をお支払いできないことがあります。(先進医療の最新の内容についてはこちらをご覧ください。)
    なお、重粒子線治療および陽子線治療の場合、ネオファースト生命が医療機関に直接先進医療給付金をお支払いし、お客さまの一時的な経済的負担を軽減するサービスを一定の取扱い条件のもと実施しています。詳細内容についてはこちらをご覧ください。

  • 患者申出療養については、厚生労働省告示に定める患者申出療養による療養を、厚生労働大臣が定める施設基準に適合する医療機関であって、当該療養を適切に実施できるものとして厚生労働大臣に個別に認められたものにおいて受けた場合にお支払いの対象となります。
Q
2
女性疾病保障特約(女性疾病入院給付金)の対象になる疾病はどんな病気ですか?
A
2

女性特有の病気・女性に多い病気に加え、がん(上皮内がんを含む)などが対象になります。主な疾病は以下のとおりです。

疾病の種類
がん(女性特有のがんに限りません) 胃がん、乳がん、子宮体がん、肺がん、大腸がん など
女性特有の疾病 子宮筋腫、卵巣のう腫、卵巣機能障害、子宮内膜症 など
女性に多い疾病 リウマチ、膀胱炎、バセドウ病 など
妊娠・出産にかかわる症状 帝王切開、吸引分娩、子宮外妊娠、切迫早産、流産 など
  • 詳細は「ご契約のしおり・約款」をご確認ください。
Q
3
複数回入院した場合の取り扱いについて教えてください。
A
3-1

退院日の翌日から、その日を含めて30日以内の入院については1回の入院とみなします。

●1回の入院支払限度:60日型の給付事例

事例①病気(例:結核)で入院後、退院日の翌日からその日を含めて30日経過後に病気(例:腎不全)で入院した場合

結核病気で30日入院 30日分 50日経過 新たな入院として取り扱い 腎不全病気で50日入院 50日分 疾病入院給付金80日分お支払い 入院一時給付金2回お支払い

直前の疾病入院給付金が支払われる入院の退院日の翌日からその日を含めて30日経過してから疾病入院給付金の支払事由に該当する入院を開始したときは、新たな入院とみなし、1回の入院として取り扱いません。
入院一時給付金は2回お支払いします。

事例②病気(例:結核)で入院後、退院日の翌日からその日を含めて30日以内に病気(例:腎不全)で入院した場合

結核病気で30日入院 30日分 20日経過 1回の入院として取り扱い 腎不全病気で50日入院 30日分 20日分 疾病入院給付金60日分お支払い 入院一時給付金1回お支払い

直前の疾病入院給付金が支払われる入院の退院日の翌日からその日を含めて30日以内に、疾病入院給付金の支払事由に該当する入院を開始したときは、1回の入院として取り扱います。
入院一時給付金は1回お支払いします。

事例③病気(例:結核)で入院後、退院日の翌日からその日を含めて30日以内にケガ(例:骨折)で入院した場合

結核病気で30日入院 30日分 20日経過 新たな入院として取り扱い 骨折ケガで50日入院 50日分 疾病入院給付金30日分、災害入院給付金50日分お支払い 入院一時給付金2回お支払い

直前の疾病入院給付金が支払われる入院の後に災害入院給付金が支払われる入院を開始したときは、1回の入院として取り扱わず、疾病入院給付金および災害入院給付金をそれぞれお支払いします。
入院一時給付金は2回お支払いします。

  • 詳細については「ご契約のしおり・約款」をご確認ください。
A
3-2

主契約に「三大疾病支払日数限度無制限特則」または「八大疾病支払日数限度無制限特則」を適用した場合の取り扱いについては下記をご確認ください。

三大疾病支払日数限度無制限特則または八大疾病支払日数限度無制限特則を適用した場合 対象となる疾病による入院をしたとき、1回の入院・通算ともに主契約の支払日数限度を無制限に保障します。対象となる八大疾病 対象となる三大疾病 がん(上皮内がんを含む)、心疾患、脳血管疾患、糖尿病、高血圧性疾患・大動脈瘤等、肝疾患、膵疾患、腎疾患
● 1回の入院支払限度:60日型の給付事例

事例④病気(例:大腸がん)で入院後、退院日の翌日からその日を含めて30日以内に病気(例:肺炎)で入院した場合

三大疾病または八大疾病の入院として取り扱い 大腸がん 病気で20日入院(20日分)20日空けて肺炎 病気で70日入院(70日分) 疾病入院給付金90日分お支払い 入院一時給付金1回お支払い

直前の疾病入院給付金が支払われる入院の退院日の翌日からその日を含めて30日以内に、疾病入院給付金の支払事由に該当する入院を開始したときは、1回の入院として取り扱います三大疾病支払日数限度無制限特則または八大疾病支払日数限度無制限特則を適用している場合で、1回の入院として取り扱ったいずれかの入院が三大疾病または八大疾病の治療を目的とした入院であるときは、それらの入院は三大疾病または八大疾病の治療を目的とした入院とみなして両入院とも、1回の入院支払限度60日を超えて、その入院日数分の疾病入院給付金をお支払いします。入院一時給付金は1回お支払いします

事例⑤病気(例:大腸がん)で入院後、退院日の翌日からその日を含めて30日経過後に病気(例:肺炎)で入院した場合

大腸がん 病気で20日入院(20日分)50日空けて肺炎 病気で70日入院 新たな入院として取り扱い (60日分 10日分) 疾病入院給付金80日分お支払い 入院一時給付金2回お支払い

直前の疾病入院給付金が支払われる入院の退院日の翌日からその日を含めて30日経過してから疾病入院給付金の支払事由に該当する入院を開始したときは、新たな入院とみなし、1回の入院として取り扱いません入院一時給付金は2回お支払いします

  • 詳細については「ご契約のしおり・約款」をご確認ください。
Q
4
「手術保障特約(2018)の手術給付金」「治療保障特約の外来手術治療給付金」はどんなときに支払われますか?
A
4-1

「手術保障特約(2018)の手術給付金」「治療保障特約の外来手術治療給付金」
病気または傷害を直接の原因として、治療のためにつぎの手術を受けたときお支払いします。

  • 公的医療保険制度における医科診療報酬点数表に「手術料」「放射線治療料」の算定対象として列挙されている診療行為
  • 「輸血料」の算定対象となる造血幹細胞移植

ただし、以下の手術については給付金のお支払い対象外となります。

  • 傷の処理(創傷処理、デブリードマン)
  • 切開術(皮膚・鼓膜)
  • 異物除去(外耳・鼻腔内)
  • 骨または関節の非観血的整復術、非観血的整復固定術および非観血的授動術
  • 抜歯手術
  • 涙点プラグ挿入術
  • 鼻腔粘膜焼灼術、下甲介粘膜焼灼術および高周波電気凝固法による鼻甲介切除術
A
4-2

「手術保障特約(2018)の手術給付金」
骨髄幹細胞もしくは末梢血幹細胞の採取手術を受けたときにお支払いします。
(責任開始日からその日を含めて1年を経過した日より保障開始)。

  • 詳細は「ご契約のしおり・約款」をご確認ください。
Q
5
抗がん剤治療特約について、支払対象となる「抗がん剤」について教えてください。
A
5

投薬または処方された時点において厚生労働大臣の承認を受けている医薬品のうち、以下の2点を満たす必要があります。

  1. 1厚生労働大臣による製造販売の承認時に、被保険者が診断確定されたがんの治療に対する効能または効果が認められたこと
  2. 2世界保健機関(WHO)の解剖治療化学分類法による医薬品分類のうち、L01(抗悪性腫瘍薬)、L02(内分泌療法)、L03(免疫賦活薬)、L04(免疫抑制薬)またはV10(治療用放射性医薬品)に分類されること
Q
6
がん診断特約(2023)のがん診断給付金および三大疾病一時給付特約(2023)のがん一時給付金は、がんと初めて診断確定された場合、責任開始日以降であればいつでも支払われますか?
A
6

主契約の責任開始日からその日を含めて90日を経過した日の翌日以後に生まれて初めてがんと診断確定された場合に、給付金をお支払いします。

給付イメージ

お申込み手続きについて

Q
1
家族名義のクレジットカードは使えますか?
A
1

家族名義のクレジットカードは保険料のお払い込みにご利用いただけません。契約者本人名義のクレジットカードをご利用ください。

Q
2
口座からの引き落とし日を教えてください。
A
2

保険料の口座からの振替日は、毎月27日です。27日が金融機関の休業日に該当する場合は翌営業日となります。
なお、年払契約の場合は、年単位の契約応当日の属する月の27日です。

Q
3
クレジットカードの決済日を教えてください。
A
3

カードの決済について、月払契約の場合は毎月13日(年払契約の場合は、年単位の契約応当日の属する月の13日)に行われます。

Q
4
代理店で加入する場合と保障内容は異なるのですか?
A
4

各商品の保障内容は同一です。代理店により取扱可能な特約等が一部異なる場合があります。
詳細は代理店の募集人にご確認ください。

Q
5
加入後に保険料の払込方法を月払から年払(年払から月払)にできますか?
A
5

可能です。払込方法(年払⇔月払)を変更する場合は、保険料払込回数変更のお手続きが必要になります。
当社HPの「お客さまWEB手続きサービス」よりお手続きいただくか、コンタクトセンターへご連絡ください。

  • 送金扱のご契約は年払のみ指定可能など、ご契約の状況によっては変更ができない場合があります。
くらべたら、ネオファースト生命 ~入った後の安心感が違ったくらべたら、ネオファースト生命 ~入った後の安心感が違った
お困りになられたら