給与所得者の保険料控除申告書の記入方法

このページでは給与所得者の控除申告書の記入方法についてご案内します。

STEP1 資料の準備

以下の資料をお手元にご準備ください。

  • 給与所得者の保険料控除申告書
  • 生命保険料控除証明書 または 生命保険料控除申告予定額のお知らせ

ご契約数等により、送付される生命保険料控除証明書(以下、証明書)の内容、枚数が異なります。

STEP2 証明書もしくは申告予定額のお知らせから契約情報を転記する

  • 保険会社等の名称(①)
    契約している保険会社の名称(当社の場合は「ネオファースト生命」)をご記入ください。
  • 保険等の種類(②)
    証明書の「保険種類」を転記ください。
    名称が長い場合は省略して記載いただいてもかまいません。
  • 保険期間又は年金支払期間(③)
    証明書の「保険期間」を転記ください。
  • 保険等の契約者の氏名(④)
    証明書の「ご契約者」を転記ください。
  • 保険金等の受取人(⑤)
    - 氏名:証明書の「受取人」を転記ください。
    - あなたとの続柄:ご契約者からみた、受取人との続柄をご記入ください。

STEP3 証明書もしくは申告予定額のお知らせから申告額を記入する

  • 新・旧の区分(⑥)
    証明書に記載の適用制度を確認し、該当する方に「〇」を記入ください。
    ネオファースト生命の商品はすべて新制度に該当します。
  • あなたが本年中に支払った保険料等の金額(⑦)
    証明書の申告額が「******」の場合は「証明額」の金額を記入ください。

STEP4 新・旧の区分ごとに本年中に支払った保険料等の金額を合計し、記入する

  • 支払った保険料等の合計金額(⑧)
    新・旧の制度区分ごとに合計して、合計金額をA~E欄に記入します。

STEP5 生命保険料控除額の計算・記入

  • 各区分ごとに生命保険料控除額を計算し、記入する。
    申告書下部に記載されている計算式に基づいて新・旧制度それぞれ生命保険料控除額を計算し、記入ください。
    計算で小数点以下の端数が生じた場合は、切り上げてください。(⑨)
    ①と②の欄の合計を③に記入します(ただし、最高額40,000円を超えた場合は40,000円)。
    ②と③の欄の大きい方の金額を㋑欄に記入します。(⑩)
  • 各区分ごとに計算した控除額を合計し、記入する。(⑪)
    各区分(㋑㋺㋩)ごとの控除額を合計し、記入します(最高額120,000円を超えた場合は、120,000円)。