健康年齢が若くなるほど保険料が安くなります※
からだプラス
カラダ革命
健康年齢が若くなるほど、保険料が安くなるチャンス!!

本商品において、健康年齢にもとづき算出した保険料を比べた場合、健康年齢が若くなるほど更新後の保険料が安くなります。

「生活習慣病」をご存じですか?

生活習慣病とは、日々の生活習慣がその発症や進行に深くかかわっている病気の総称です。
代表的な生活習慣病には大きく分けて以下の7つの病気があります。

心・血管疾患(急性心筋梗塞、狭心症、心不全など)脳血管疾患(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血など)高血圧性疾患(高血圧症、高血圧性心不全など)腎疾患(慢性腎不全など)肝疾患(肝硬変、肝炎、脂肪肝など)糖尿病 がん(乳がん、胃がん、上皮内がんなど)

これら7大生活習慣病の総患者数は1,877万人に達し、国民の約7人に1人の割合を占めています。また、入院患者数に占める7大生活習慣病の患者数の割合は3割を超えています。
生活習慣病の発症には、食生活や喫煙・飲酒、運動不足やストレスなど生活習慣が深くかかわっており、ライフスタイルの変化などの影響で、近年では生活習慣病の若年化が進んでいます。これらの病気が原因で重篤な合併症を引き起こすこともあります。
一方で適切な運動や食事、睡眠など、日頃から規則正しい生活を送ることで病気を予防することもできます。

7大生活習慣病の「総患者数」と「入院に占める割合」

7大生活習慣病の総患者数 高血圧性疾患1,010.8万人 肝疾患44.4万人 腎疾患44.4万人 がん164.8万人 心・血管疾患178.6万人 脳血管疾患118.1万人 糖尿病316.0万人 合計1,877.1万人(国民の約7人に1人!)
入院患者数に占める7大生活習慣病の総患者数の割合 7大生活習慣病32.2%(3割超え!)その他67.8%
  • 厚生労働省「平成26年 患者調査」をもとに本商品の支払対象となる疾病を抽出し、ネオファースト生命にて作成

入院費用の事例

乳がんで8日入院 40歳 女性 標準報酬月額28万円~50万円 医療費729,450円 高額療養費制度適用後の医療費の自己負担額84,725円 + 入院時食事代<保険外負担費用>8,640円 差額ベッド代<保険外負担費用>48,000円 <入院費総額>141,365円
脳梗塞で59日入院 65歳 男性 標準報酬月額28万円~50万円 医療費1,290,150円 高額療養費制度適用後の医療費の自己負担額 167,761円 + 入院時食事代<保険外負担費用>63,720円 差額ベッド代<保険外負担費用>354,000円 <入院費総額>585,481円
さらに、通院代やリハビリ代などの費用がかかることや、収入に影響がでることも考えられます。

上記事例の医療費は以下にもとづき算出しています。

  • 厚生労働省「平成27年 社会医療診療行為別統計」より傷病ごとの診療報酬点数をもとに算出しています。入院日数については、厚生労働省「平成26年 患者調査」をもとに算出しています。
  • 健康保険適用外でかかる入院費用については以下にもとづき算出しています。
    ①入院時食事代:入院時食事療養費にかかる標準負担額1,080円(1食360円を1日3食)②差額ベッド代:日額6,000円と仮定しています。
「生活習慣病」への備えはされていますか?からだプラス、カラダ革命なら7大生活習慣病に備えられます。

ご相談・お問い合わせ

コンタクトセンター

0120-312-201

9:00~19:00(土曜日は17:00まで)日・祝日を除く