平成26年2月20日

損保ジャパンDIY生命

損保ジャパンDIY生命 保険募集用ツールを改訂
お客さま視点に立ち、より理解しやすい内容に全面刷新

損保ジャパン・ディー・アイ・ワイ生命保険株式会社(社長:山本 学)は、2014年2月20日より、お客さま向けの「1年組み立て保険」パンフレット、重要事項説明書(契約概要・注意喚起情報)等募集ツールを「見やすさ、読みやすさ、わかりやすさ」の観点から全面刷新しますので、お知らせいたします。

[募集ツール全面刷新の概要]

1.商品パンフレット
お客さま視点に立った「見やすさ、読みやすさ、わかりやすさ」を重視し、情報量やレイアウトを改善しました。また、重要事項説明書(契約概要・注意喚起情報)との重複部分を削除することで文字量を削減し、読みやすくなるように工夫しました。
2.重要事項説明書(契約概要・注意喚起情報)
1色刷りからカラー刷りにするとともに文字サイズを拡大し、図表を多く使用することで、読みやすく、かつ重要事項や商品の詳細な内容がわかりやすくなるようにしました。
3.その他のツール
お客さまにご記入いただく申込書・告知書は、用紙サイズの変更・記入欄の拡大等により、より書きやすくなるよう刷新しました。

[背景]

生命保険のダイレクト販売を行う当社において、募集ツールはお客さまに商品内容をご理解いただくために最も重要な資料ですが、近年、お客さまに対してお伝えしなければならない事項が増えたことにより、文字量が増え、読みにくくなる傾向にありました。

当社では、お客さま自らが生命保険を組み立てること-DIY(「Do It Yourself」)すること-を創業以来変わることなく提案しており、お客さまに商品内容をご理解いただくために、募集ツールの「見やすさ、読みやすさ、わかりやすさ」は非常に重要であることから、今般、お客さま視点を従来以上に重視した募集ツールに全面刷新することにしたものです。

全面刷新にあたっては、これまでにお客さまからいただいたご意見・お声を踏まえるとともに、改訂前の募集ツールに対して、外部専門家がお客さま視点に立った「見やすさ、読みやすさ、わかりやすさ」を評価するヒューリスティック評価を実施し、各ツールの改善ポイントを抽出しました。さらに、募集ツールの制作を通常行っているマーケティング部門だけでなく、お客さま対応部門(コールセンター)、契約引受部門、商品開発部門、コンプライアンス部門に所属する性別・役職・年代等の観点で多様なメンバーからなる募集ツール改定プロジェクトチームを組成し、様々なお客さまにとってわかりやすい募集ツールとなるよう留意しました。

当社は、今後もお客さまのニーズに的確にお応えするため、さらなるサービスの強化に取り組んでいきます。

[ご参考] 募集ツールの刷新例

商品パンフレット

文字のサイズや色使いを工夫することにより、「1年組み立て保険」の特長が、よりわかりやすくなりました。

重要事項説明書(契約概要・注意喚起情報)

黒1色の印刷からカラー印刷にするとともに、文字サイズを拡大し、図表を多く利用することで、お申込みにあたってお客さまにご確認・ご了承いただきたい重要事項等が、よりわかりやすくなりました。

*新しい募集ツール類は、当社Webサイトからご覧いただけます。

以上

PDFファイルがご覧になれない方はこちら