2020年2月5日

ネオファースト生命保険株式会社

「先進医療」に関するお知らせ
(「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」等の「先進医療」からの削除(見込み)について)

今般、2020年度診療報酬改定に向けて、厚生労働省で「先進医療」の見直し検討が行われています。

その中で、「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」および「歯周外科治療におけるバイオ・リジェネレ―ショ ン法」(以下、「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」等)が、2020年4月1日より、「先進医療」から 削除される見込み(※1)です。


当社の「先進医療特約」については、所定の先進医療による療養を受けた時点において、厚生労働省が定める 「先進医療」であることを支払要件としています。そのため、「先進医療」から削除された場合には、 ご契約日に関わらず、2020年4月1日以降に受ける「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」等は、「先進医療特約」の給付対象とはなりませんので、ご留意ください。


※1 2020年3月に予定されている厚生労働省告示をもって決定される見込みです。



「先進医療」に関する詳細及び今後の最新情報につきましては、厚生労働省のホームページをご確認ください。

以上

PDFファイルがご覧になれない方はこちら